SSブログ
前の10件 | -

シャン美術 仏陀ストーリー 初期頃 [ビルマ発]

A243ED01-F14E-4B58-8103-C9BCC9761667.jpeg78A3D303-6C86-420A-B30D-B5F52387B364.jpegDBDD7B21-0282-43D5-AEFF-7BABFCF35608.jpeg
シャンの仏陀ストーリーシリーズの中でもとても珍しい形状のものです。3段のピラミッド型で仏陀(釈迦)が頂上に座り、2段目以下に弟子が座り、象や鹿なども捉まって説法を聞いているシーン(初転法輪?)です。最近気づいたのですが全体の形状を見るとおそらくこの作品はシャン族の寺院をイメージして作られたものだと思います。また写真3枚目は1枚目を拡大したものですが顔つきが洗練されていく中後期に比べて(よりプリミティブな)以前の様式に見えます。年代的にはシャン(タイヤイ)美術初期頃 17〜18世紀のものかもしれません。具対的な資料があればまた追記したいと思います。

Burmese Buddhist Sculpture: Johan Moyer Collection

Burmese Buddhist Sculpture: Johan Moyer Collection

  • 作者: Karow, Otto
  • 出版社/メーカー: White Lotus Co Ltd
  • 発売日: 1995/02/01
  • メディア: ペーパーバック



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

シャン青銅仏 小型 [ビルマ発]

663D3C0A-C767-4251-BF80-57E997141F8E.jpegBC9834E2-9BFE-4686-BB1D-278BF08F8D24.jpeg6946F072-CF5A-4C31-9A0D-96CF7908290F.jpegBACF7514-8A13-4E7F-A830-6712DF6C0209.jpeg
今日から6月。写真1、2枚目は塗金や台座部には朱色の塗料(チャート)が残った小型のシャン青銅仏です。実物はまだ見ていませんが最近入手したものです。後頭部には菩提樹もしくは光背があった跡があります。年代的には18世紀後半から19世紀初め頃のものですが、以前手に入れた高さ30センチ程のシャンの木製仏(写真3枚目)と比較して見ると美術様式やバランスがほぼ同じなのでこの2点は製作年代も近いと思います。

Burmese Buddhist Sculpture: Johan Moyer Collection

Burmese Buddhist Sculpture: Johan Moyer Collection

  • 作者: Karow, Otto
  • 出版社/メーカー: White Lotus Co Ltd
  • 発売日: 1995/02/01
  • メディア: ペーパーバック



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

シュリーヴィジャヤ期の塼仏(トラン出土)その6 [タイ発]

D4A295D2-903B-4921-9E1A-1DC7056950FF.jpeg8B6E1F08-0833-40CE-B4F0-1FEC81F29CEA.jpegEDB4D747-D744-43D8-8EFC-4BFAA957F623.jpeg598B413C-CB73-4034-8A1A-3E461FD73D65.jpegF4CC679A-5DC3-4CD8-8076-BB5EFC708258.jpegEDFB20A1-268C-4A6D-A25E-86B8D393A5D3.jpeg9068E327-AA4C-4E56-8849-66D47899CD0E.jpeg
写真1、2枚目はトラン出土の塼仏で通称「大型」と呼ばれる型です。上段中央に法輪、下の縁部分には仏塔がデザインされており、裏面には古代文字 Ye Dharmaが刻まれています。これらは「小型」や「中型」にはありません。欠損はありますが貴重な型でケースに入れて保管しています。写真3枚目は前記事同様に発掘地近くの展示室で保管されているものすが、左側が「大型」で右側は前記事で紹介した「中型」です。写真4枚目は毎度おなじみになった比較写真です。展示保管室の大型(写真3枚目左側)と比べたものですが同型と分かります。ちなみにこの大型は下の文献にも掲載されています。シュリーヴィジャヤ期の塼仏(トラン県出土)記事の連載はここでいったん完結です。話しは変わりますが奈良国立博物館で開催されている特別展「聖徳太子と法隆寺」に行って来ました。出展物は流石に素晴らしく、また展示品も多くたっぷりと楽しめました。奈良は6月20日まで、7月13日からは東京国立博物館で開催予定です。日本滞在中に飛鳥美術の勉強が出来て良かった。

Lost Kingdoms: Hindu-Buddhist Sculpture of Early Southeast Asia (Metropolitan Museum of Art Series)

Lost Kingdoms: Hindu-Buddhist Sculpture of Early Southeast Asia (Metropolitan Museum of Art Series)

  • 作者: Guy, John
  • 出版社/メーカー: Metropolitan Museum of Art
  • 発売日: 2014/05/06
  • メディア: ハードカバー



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

シュリーヴィジャヤ期の塼仏(トラン出土)その5 [タイ発]

80BB211D-8B85-4D13-BD4C-3C37E5A0BA02.jpeg6FBBA5E0-872F-4545-AE58-AEEF95072C50.jpeg086D0BA1-BFBE-4CB8-89D7-0B4C0D289A80.jpeg78CA5250-20BF-4CA4-9F80-C956DC755ABD.jpeg
写真1枚目の塼仏もトラン在住のコレクターに譲ってもらったものです。写真2枚目は発掘地近くの展示室の保管されているものすが、右側は前記事と同型のもの(小型)、左側は同じ構図ですが右側よりも少しサイズの大きい型(中型)です。写真3、4枚目は(写真2枚目の)左側と写真1枚目の塼仏を比較したものですが、見ての通り同型と分かります。また黒カビが付着した表面の状態も似ている。「大型」という型についても後ほど記事にしたいと思います。

Lost Kingdoms: Hindu-Buddhist Sculpture of Early Southeast Asia (Metropolitan Museum of Art Series)

Lost Kingdoms: Hindu-Buddhist Sculpture of Early Southeast Asia (Metropolitan Museum of Art Series)

  • 作者: Guy, John
  • 出版社/メーカー: Metropolitan Museum of Art
  • 発売日: 2014/05/06
  • メディア: ハードカバー



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

シュリーヴィジャヤ期の塼仏(トラン出土)その4 [タイ発]

70E7FF81-3478-4F77-9489-C1A229B219EB.jpeg499140BF-F5FC-4095-99CB-9D2738C35545.jpeg0911D0A3-EC4C-43EA-9D18-37B6504710F3.jpeg5BD4EE80-F45A-4AD4-A8C8-D5022A1A3601.jpeg
写真一枚目はトラン在住のコレクターに譲ってもらったもので、前回記事にした(トラン県フワイヨート郡の洞窟発掘の)塼仏片と同型のものです。写真2、3枚目は前回同様、タラン国立博物館の展示品(左側)と比較したものですが同型と分かります。最後の写真は斜めから撮影したものですが、まるで洞窟内に残る風化した彫刻のようです。年代は8〜9世紀頃のもの。昨年記事にした同型の塼仏もう1点はこちらか見れます。https://thaiart.blog.ss-blog.jp/2020-08-22

Lost Kingdoms: Hindu-Buddhist Sculpture of Early Southeast Asia (Metropolitan Museum of Art Series)

Lost Kingdoms: Hindu-Buddhist Sculpture of Early Southeast Asia (Metropolitan Museum of Art Series)

  • 作者: Guy, John
  • 出版社/メーカー: Metropolitan Museum of Art
  • 発売日: 2014/05/06
  • メディア: ハードカバー



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

シュリーヴィジャヤ期の塼仏片(タイ南部) [タイ発]

D1BBE6D1-7FC9-4FD2-974D-982A933BD23A.jpeg6E03BF1D-36A6-4DE1-B23E-D68E0829C897.jpegA2CECF28-3C7B-4CEE-B125-B95E075374C2.jpegABF136B9-F6E5-4E89-9C96-8E0EF7BE6127.jpeg8D2D9E3B-94C3-4855-8AC5-DE633C566485.jpeg
久しぶりにシュリーヴィジャヤ期の塼仏(写真1、2枚目)を入手しました。タイ南部出土のものという事で出土地についてははっきりと分かっていないようでしたが材質と型からトラン県出土の塼仏だと思います。写真3枚目と4枚目はタラン国立博物館(プーケット県)に展示されているトラン県の洞窟出土の塼仏と、これら2点を比較してみたものです。型は同じように見えます。また材質感も似ており焼成されていない土製のようです。現物はまだ見ていないので断言は出来ませんがほぼ間違いないと思っています。見ての通り中央の仏陀と右側の菩薩(弥勒菩薩もしくは観音菩薩)部分の残欠で製作年代は8〜9世紀。残欠の為ちょうどお守りのように身につけることが出来るいいサイズです。昨年行ってきたタラン国立博物館の記事のリンクを貼りつけておきます。https://thaiart.blog.ss-blog.jp/2020-08-16

<追記>2021年5月7日 比較写真をもっと拡大してみました。まだ実物を見ていませんがいつかこの塼仏を持ってタラン国立博物館の実物と比較出来ればと思います。
427A7145-175D-493A-94A5-4CE572ADAF1D.jpeg

Lost Kingdoms: Hindu-Buddhist Sculpture of Early Southeast Asia (Metropolitan Museum of Art Series)

Lost Kingdoms: Hindu-Buddhist Sculpture of Early Southeast Asia (Metropolitan Museum of Art Series)

  • 作者: Guy, John
  • 出版社/メーカー: Metropolitan Museum of Art
  • 発売日: 2014/05/06
  • メディア: ハードカバー



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

青銅菩薩像 頭部(シュリーヴィジャヤ期 or ドヴァーラヴァティー期) [タイ発]

2BCBD904-22ED-407E-97B1-F96EE4187DAA.jpeg60075B48-E386-4200-BB13-62C08D2328E3.jpeg8FCF2F1E-DFE2-40D6-89FE-F6142B0B41BD.jpeg
コレクションの青銅菩薩像頭部です。今のところ弥勒菩薩(シュリーヴィジャヤ期)だと思います。写真2枚目は米ウォルターズ美術館のコレクションです。記述ではインドラ神かブラフマー神で、7世紀(タイ、ドヴァーラヴァティー期 or シュリーヴィジャヤ期)、石製となっている。写真3枚目はこれら2点を並べて比較してみたものですが顔の輪郭やバランスなどがよく似ており、おそらく近い年代に作られたものだと思っています。

The Sacred Sculpture of Thailand: The Alexander B. Griswold Collection, the Walters Art Gallery

The Sacred Sculpture of Thailand: The Alexander B. Griswold Collection, the Walters Art Gallery

  • 出版社/メーカー: Univ of Washington Pr
  • 発売日: 1997/12/01
  • メディア: ハードカバー



nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:アート

ハリプンチャイ期の塼仏 プラ・バーン(テーサバーン出土) [プラクルアン]

D7ABE53C-EA74-4C95-BC73-4C8BBF01C723.jpegE7DA71DB-E933-4E53-B078-843159491E6C.jpegB5C265EF-93F3-43BA-9552-67A47F2DA4E3.jpeg
ランプーン県出土のプラクルアンといえばおそらくプラ・コンが最も有名ですが、こちらのプラ名はプラ・バーン(テーサバーン出土)、同じくランプーン県で発見されたものですが出土地は異なります。大きさはプラ・コンとほぼ同じ(指の第一関節より少し長い)ですが厚さは薄め、年代はほぼ同時期(12〜13世紀)ごろのものです。20年ほど前に入手したものでこの様にお顔が残っているものは(現在では価格が上がり)なかなか入手出来なくなりました。このような小さなお守りでも流石は本物、ハリプンチャイ美術の迫力がありますね。

<追記>2021年4月30日 ドヴァーラヴァティー期(ハリプンチャイ初期)9世紀頃の仏像頭部(写真下)と比較してみました。わずか5ミリほどの頭部でも大型の頭部同様にハリプンチャイ様式の迫力ある顔立ちがはっきり分かると思います。
3779855E-05B7-469A-8E63-3E20ADD8A653.jpeg156578B7-5862-40F7-A6A9-4B6342015529.jpeg

The Roots of Thai Art

The Roots of Thai Art

  • 出版社/メーカー: River Books
  • 発売日: 2012/08/16
  • メディア: ハードカバー



nice!(0)  コメント(1) 
共通テーマ:アート

ドヴァーラヴァティー期の塼仏片 ラクシュミー [タイ発]

F7E6AB14-B427-475B-AEEC-8490BD889322.jpeg
久しぶりに博物館級の塼仏を入手しました。まだ実物は拝めていませんがヒンズー神ラクシュミーの上半身部分だと思います。頭部の形状や縁の装飾等もとても興味深く、これはかなり貴重な塼仏片です。年代的にはインド美術の影響を受けた東南アジア美術初期 7〜8世紀頃のもの。今回も逃さず入手出来て本当に良かった。


Lost Kingdoms: Hindu-Buddhist Sculpture of Early Southeast Asia (Metropolitan Museum of Art Series)

Lost Kingdoms: Hindu-Buddhist Sculpture of Early Southeast Asia (Metropolitan Museum of Art Series)

  • 作者: Guy, John
  • 出版社/メーカー: Metropolitan Museum of Art
  • 発売日: 2014/05/06
  • メディア: ハードカバー



東南アジア (アジア仏教美術論集)

東南アジア (アジア仏教美術論集)

  • 出版社/メーカー: 中央公論美術出版
  • 発売日: 2019/02/28
  • メディア: 単行本



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

クメール王朝 青銅女神像頭部(ブリラム県出土) [タイ発]

7EFC18E9-53B3-4110-8582-26C0A68CAFBF.jpegDB3B4047-0DFF-40D7-9263-A91AC9CD43FC.jpeg824C9DD9-EA6C-4E99-8B91-D861CA2A2A63.jpegB2A8E0FE-EE64-4C19-8628-EB7DBF7C9C50.jpeg622588E3-D5B7-4D07-A1C9-AEC36AE02D1B.jpeg1604991E-0A2D-4970-8027-943524783D9A.jpegAA362821-A52A-4F1A-BC06-FF4313238437.jpeg
タイ ブリラム県で出土したクメール王朝時代の青銅像頭部です。緑青が美しく造りも繊細です。年代的には顔の様式からスーリヤヴァルマン2世の時代(12世紀)のものだと思います。文献で調べてみるとこの像は女性の像でYogini(ヨギーニ)(写真5枚目)ではないかと思います。写真のように後頭部を比較した写真(写真7枚目)もそっくりです。発掘した方がケースを作って大事にしていましたが何とか譲って貰うことが出来ました。顔も可愛く宝物として大切にしています。


The Roots of Thai Art

The Roots of Thai Art

  • 出版社/メーカー: River Books
  • 発売日: 2012/08/16
  • メディア: ハードカバー



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート
前の10件 | -